少女漫画

【見どころ・感想】無口な公爵令嬢と冷徹な皇帝 ~前世拾った子供が皇帝になっていました~

少女が無口なのにはある理由が・・。

喋ると訛りの凄い美少女と冷徹な皇帝とのラブファンタジー。

読んだ最初は、皇帝が美少女に惚れ冷たい心が優しくなるストーリーかと思っていたら、ちょっとダークな部分もあったりと読み応えのあるストーリーでした。

「無口な公爵令嬢と冷徹な皇帝 ~前世拾った子供が皇帝になっていました~」のあらすじ

バケモノの醜さで生まれた主人公(エレオノーラ)は、人里離れた森の奥で住んでいました。そこに魔獣に襲われた1人の男の子を助けます。

主人公はその男の子をハム(アレクセイ)と名づけて、ハムは主人公をパイ(エレオノーラ)と呼ぶように。

幸せな暮らしをしていた2人でしたが、突然、目の前でパイを殺され、王城に連れ戻されてしまうハム。

その後、ハム(アレクセイ)は皇帝になりパイ(エレオノーラ)の復讐として反逆者は粛清し世間からは「悪魔皇帝」と呼ばれるまでに。

そして、殺されたパイ(エレオノーラ)も、とある公爵家の長女として生まれます。

ただ前世の記憶が残り美少女なのに喋ると訛りのある喋りになってしまうことから、家族から嫌われ離れで過ごす日々。

そんな2人がある夜会で出会うことに・・。

「無口な公爵令嬢と冷徹な皇帝」の見どころ

美少女なのに喋ると訛りが凄い

前世の記憶を持って生まれたことで、訛りが取れない主人公のエレオノーラ。

美少女の顔で「オラ」とか「だっぺ」とか喋る姿にはびっくり😂

クールな顔と田舎を感じる喋り方が全くあっていなくて最初見た時は笑ってしまいました。

人の前では、訛りを出さないように無口でいますが、漫画では度々心の声が書かれているんですけど、それが全部鈍っています。

この顔でこの喋り方をするのが面白いです。

とにかく見た目とのギャップが凄いので実際に読んでほしいです。

主人公は冷徹な皇帝がハムだと気がつくのか?

前世は人間だけど醜い容姿でちょっと怪物っちくで、今は美少女になったエレオノーラ。

エレオノーラの鈍った喋り方を聞いたら、冷徹皇帝も絶対にパイだと気がつくでしょうけど、問題はエレオノーラですね。

冷徹皇帝であるハムは、子供から大人になり見た目が変わったことで、エレオノーラは気が付かないんじゃないかなと。

冷徹皇帝が、自らハムだと告白するのか?

エレオノーラが、どんな風に冷徹皇帝=ハムだと気がつくのかが楽しみですね。

【感想】顔と話し方のギャップが面白い!皇帝との距離は縮まるのか楽しみ

主人公の美しさからあの鈍った喋りがでるのは衝撃的でしたが、ストーリーはとても新鮮。

訛りのある主人公が、生まれ変わり昔一緒に暮らしていた少年と大人になり出会い恋に落ちる。

面白いですね。

主人公のエレオノーラは、美少女になっても前世と変わらない優しさと性格なのもよかったです。

最初は、前世持ちで見た目が変わったから絶対に相手は気がつかないだろうな〜と思っていたら、前世の喋り方が一緒という設定!

なるほど〜この喋りで冷徹皇帝はエレオノーラがパイだとわかるのね。

でも、エレオノーラは冷徹皇帝がハムだと気がつくのか?どんなふうに恋に落ちるのかが今後の進展が楽しみです。

【余談ですが】原作の小説のイラストも好み

余談ですが、原作の小説のイラストもとっても可愛いので見てほしいです。

個人的には、冷徹皇帝はこのイラストの彼が好きです。

冷たそうな感じの横顔で、まさに冷徹な皇帝という感じ。

現在、単行本はなく単話売り(2022.7)

「無口な公爵令嬢と冷徹な皇帝 」は、単行本ではなく単話売りで発売しています。

漫画を無料で試し読みするなら

無料お試しで読むなら「eBookJapan」がおすすめです。

他のサイトに比べて無料お試しのページが多いので、試し読みができますよ。

ebookjapanのおすすめポイント

  • 無料お試しが多い
  • 6回分の半額クーポン付き
  • セールやクーポンが豊富

\試し読みならこちら/

ebookjapan公式サイト

 

-少女漫画

© 2022 大好きおうち漫画